天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

とにかく安く葬儀をあげたい、今はやりの樹木葬って、散骨ってどうすればいいの、そんな疑問を解決します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お供えの基本は五供」

宗派は違っても、仏壇に明かりを灯し、線香を上げ、花や供物を添えることは供養の基本。
一般的に五供(ごく)と言われています。

■五供とは
○香(こう)
悟りの世界に至るための修行道。
ご先祖さまに香りを感じてもらいます。
法事のときは抹香を使いますが、普段は長持ちする線香を使います。
※口で息を吹きかけて消さないで、手か火消し用のウチワで消すように気をつけて。
○花
仏さまの世界をさらに高めます。
故人の好きだった花や庭の花や野の花でも喜んでもらえると思う花をお供えしましょう。
※お花が枯れないように水替えを忘れずに。
○灯燭(とうしょく)
ともしびのこと。
仏前を明るく照らし、その明るさが仏さまの知恵の象徴と、ゆっくりと燃えながらいつしか燃え尽くす様子が、人生の無常を表していると言われます。
線香をつける役目もあり、お参りする時は、必ずロウソクをつけます。
※ロウソクを消すときには、息を吹きかけて消さないこと。
人間の息は不浄とされ、仏さまに失礼であるとされています。
○浄水(じょうすい)
清浄な水を供えることによって、お参りする人の心を洗う意味があります。
毎日新鮮な水(水道水でよい)をお供えします。
※浄土真宗では、供えません。
○飲食(おんじき)
毎日家族が食べるものと同じものを家族の食事の前にお供えする仏前と、故人の命日や法事のときにお供えする霊供膳(りょうぐぜん)があります。
霊供膳は、一汁三菜の精進料理ですから、魚や肉などの生臭いものは避けます。
※必ず食べられる状態でお供えします。
長い時間お供えしっぱなしにしないで、下げるようにしましょう。
スポンサーサイト
トラックバック(*) | お供えの基本は五供 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「食べられる状態ですぐにお供えする」

このお盆の時期は祖霊へのお供えものとして親族の方や知人の方からのお供えものをいただきますが、仏壇へお供えする前に、是非気をつけていただきたいことがあります。

包装紙に包んだままお供えしていませんか。
よく考えると、そのままではご先祖さまが何をお供えしてもらったか知りたくても、中身がわかりません。
またそれが食べ物であったら、どうやってそれをいただくのでしょうか。

■お供えをする心得3つのポイント

1.お菓子
プリンや羊かんなどは箱から出したらそのままお供えできますが、クッキーやおせんべいなどは小袋にとってすぐに食べられるように。

2.果物
ぶどう等は洗って小鉢に入れる。
なしやりんごなどは、皮をむいて食べられるように。

3.ソーメンなどの乾麺
必ず茹でておつゆもつけること。
もちろんお箸も添えましょう。

いただいたお供えをとりあえずお供えをするのではなく、ご先祖さまにもちょっとした気遣いが大切です。
お供えしたらそのまま放置せずに、下げることを忘れないで下さい。
トラックバック(*) | 食べられる状態ですぐにお供えする |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お盆のお供えの決まり事」

8月13日から16日までを「盆」といいますが、東京などでは7月15日を中心に行うのに対して、農村地区では農作業の関係上8月15日を中心に行われます。
トラックバック(*) | お盆のお供えの決まり事 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お墓の掃除の方法」

お墓に上から水をかけてタワシでゴシゴシ・・・こんな光景をよく見かけますが、ちょっと待ってください。
石は案外傷つきやすいもの。
建てたばかりのピカピカに研磨されている墓石だったらなおさら。
表面を特殊コーティングされている墓石もありますから、いきなりタワシを使うのは×です。

1.敷地内を清掃します。
まずは敷地内の清掃からスタート。
落ち葉を集め雑草を刈ります。
植木がある場合は剪定します。
砂利が汚れている場合はザルにあげて水洗いします。

2.墓石を水洗いします。
汚れが少ないようだったら、スポンジに水をふくませて洗います。
コケをあえてつけたままの墓石もありますが、取り除いたほうが石は長持ちします。

3.洗剤をつけて洗います。
石材専用の洗剤をつけて洗います。
必ず目立たないところで試してください。
タワシは墓石を傷つけますので使用は避けたほうが無難です。

4.文字彫刻の部分は歯ブラシで磨きます。
細かい部分のお掃除に歯ブラシを利用すると便利です。

5.ステンレスの小物類を洗います。
ステンレスの小物類(花筒・線香皿等)は取り出して中を綺麗に洗います。

6.乾いたタオルで水を拭き取ります。
最後に乾いたタオルで水を拭き取ります。

基本的に墓石に使われる石は吸水率が低く硬度が高くて耐久性にすぐれていますので、大理石などに比べるとかなり丈夫です。
でもどんな頑丈な石だって、一年中風雨や直射日光にさらされているわけですから、遅かれ早かれ汚れが付着し劣化していきます。
お墓参りのたびにきちんとメンテナンスをして、次世代へ受け継いでいきたいものです。
トラックバック(*) | お墓の掃除の方法 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お墓参りの手順」

もしお墓がお寺にある場合は、門を入ったら本堂に一礼するのも忘れずに。

1.霊園・墓地に入る前に寺院のご本尊に一礼します。
寺院墓地の場合は、寺院の本堂に向い一礼します。

2.手桶に水を汲み、お墓へ向かいます。
手桶を貸してもらえる霊園・墓地が多いようです。

3.お墓の掃除をします。
お墓に手を合わせ、周辺の掃除をします。

4.お供えをします。
お墓の掃除を終えて、きれいになったらお花や供物のお供えをします。
「故人はお酒が好きだったから」と墓石にお酒をかける人を見かけますが、墓石が変色したりカビが発生する原因になるのでお勧めしません。

5.線香を焚き、お参りをします。
墓前法要をする際は、立ったままのお参りとなりますので、足腰の弱い方がいる場合は携帯用椅子を準備しておくと良いでしょう。

6.後片付け。
基本的には供物は持ち帰って、みなでいただきます。
トラックバック(*) | お墓参りの手順 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お墓参りに持参するもの」

お盆期間中には、一度は家族全員でお墓参りをしたいものです。
お墓参りに行く前に、マナーや作法を知っておきましょう。
まずはお墓参りグッズ&お掃除グッズのチェックから。

■お参りグッズ
□お線香
せっかくですから、香りにもこだわってみてはいかがでしょう。
□ロウソク・マッチ
お線香の点火に使用。
□お供え物・お花・お菓子
お供えものを置く半紙などを持参すると便利。

■お墓のお掃除便利グッズ
□歯ブラシ
細かい部分の掃除をする。
□スポンジ
墓石の汚れを落とす。
□墓石用洗剤
頑固な汚れは専用の洗剤を使用。
□雑巾
拭き上げ用。
□スコップ・鎌
植木のお手入れ用。
□剪定用ハサミ
植木のお手入れ用。
□ザル
玉砂利の洗浄用。
□タワシ
頑固な汚れに、金属タワシは素材を傷つけるのでやめましょう。
トラックバック(*) | お墓参りに持参するもの |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お盆のお墓参りのコツ」

お盆期間中には、一度は家族全員でお墓参りをしたいものです。
お墓参りに行く前に、マナーや作法を知っておきましょう。
持ち物チェックリストで準備も完璧。
トラックバック(*) | お盆のお墓参りのコツ |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓石によく使用される石の種類」

数ある石種の中から一部をご紹介します。

■国内産
○庵治石(あじいし)・香川県
墓石の王様、最高級ブランドといわれる四国の庵治石。
石には独特の模様があり美しい風合いをかもし出している。
○小松石(こまついし)・神奈川県
真鶴半島の山の一帯から採取される小松石は、鎌倉時代から使われている歴史のある石で江戸城にも使用。
採石量が少ないため、高級墓石用として希少価値が高い石材です。

■外国産
名称は業者によって異なります。
中国産は産出する省ごとにアルファベットが割り当てられ数字で石種が表示されます。
○新八光(G623)・中国
「墓石一式○○円~」など価格表に表示される石としてよく使われており、安いイメージが定着しています。
白系ベースに黒、グレー、薄いピンク模様がブレンドされています。
○新小目(G614)・中国
新八光より目は細かい。
茨城県の稲田みかげの小目に似ていることから人気の石材です。
○桜みかげ(G623)・中国
ピンク系の石。
墓石全体のイメージがやわらかくなるので女性に人気です。
○深海(G906)・中国
その名のとおり濃緑の墓石。
落ちつた風合いが日本人の趣向に合い、中国産の石の中では比較的人気があります。
○ファイングレイン・スウェーデン
スウェーデン黒とも言われる高級石材。
黒系の石材は世界各地から産出されますがその中でも上質と言われています。
○ベルファースト・南アフリカ
南アフリカの高級墓石。
吸水率が低く、非常に硬い石材。
○ニューインペリアルレッド・インド
吸水率が低く良質の石と言われています。
赤い墓石は人気急上昇中。
メインの石を赤にする人もいれば、アクセントで使用する人もいます。

現在では墓石使用される石材の80%以上が輸入に頼っています。
韓国、インド、北欧、南アフリカなど世界中から輸入されていますが、中でも最も多いのが中国産。
人件費が安いため加工まで中国で行われています。

外国産は×、国産のほうが上質と思いがちですが、必ずしも外国産が悪いというわけではありません。
国内の石材は、産出量が減って希少価値があるうえに、加工費や人件費などが加わって高値になっているケースももあるからです。
外国産は加工法等が懸念された時期もありましたが、現在では加工法・品質面でも格段に向上し、製品の納期も短縮できるようにシステムが整っていますので、今後はますますシェアを伸ばしていくでしょう。

最近問題となっているのは、中国産の石を国産と偽って販売する産地偽装。
そこで日本石材産業協会では「石材産地証明書」を発行し、消費者への安心感を提供、墓石業界全体のモラル向上に努めています。
また全優石では、お墓の「品質保証書」を発行。
製品や施工上の理由で欠陥が生じた場合には無償で修理をする制度をネットワーク化しています。
トラックバック(*) | 墓石によく使用される石の種類 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓石に適した石」

お墓に使用する石のほとんどが花崗岩という種類で、通称御影石(みかげいし)と呼ばれているものです。
また、緑がかった高級石材・小松石(本小松)に代表される安山岩(あんざんがん)もよく見かける墓石種類のひとつ。
ほかに斑レイ岩(はんれいがん)、閃緑岩(せんりょくがん)も使われます。
お馴染みの大理石は石灰岩に分類されますが、材質がやわらかいので日本ではあまり墓石用に使用されることはありません。
しかし、欧米諸国では広く使用されているため、日本でもガーデニング墓地や現代的なデザインのお墓などに使用されるケースもでてきました。
墓石は何十年も使うことを考えると、耐久性が高いものが求められます。
次の3つのポイントをよく確認しておきましょう。

■硬度が高いこと
石が硬いと耐久性にすぐれています。
雨風にさらされても風化を遅らせることもできます。
一般的に花崗岩のほうが安山岩より硬いとされていますが、実際の耐久性はさほど大きく違いが出ないという説もあります。
むしろ地震が起こっても倒れないような耐震基準を設けて石を組み立てているかのほうが重要です。

■吸水率が低いこと
石は水を吸い込みます。
吸水率が高いと水分が残ってコケが付着したり、ヒビが入りやすくなります。
また中に溶け込んでいた鉄分が酸化してサビも発生します。

■キメが細かいこと
石の模様をよく見てください。
黒や白、グレー等の斑点を見つけることができます。
石は小さい粒の集合体。
ひとつひとつの粒が小さくてキメが細かい場合はぎゅっと詰まっている証拠。
水がしみ込みにくく、磨くと光沢が出やすい石です。

お墓の石の色といえば、ひと昔前まではグレーをイメージする人が多かったと思いますが、最近はピンクや赤などを使用した墓石も人気です。
石材店で用意している石のサンプルで比較することもできますが、全体のイメージを掴むためには実際に建てられているお墓を見るのがベターです。
トラックバック(*) | 墓石に適した石 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓石の色や種類の選び方」

墓石を建てるということは、数十万円~数百万円の買い物をするということです。
色や形、大きさなど納得したうえで購入したいものです。
見た目の美しさを重視するか、石材の質を重視するか、さらに予算などを考慮しながらじっくり選びましょう。
トラックバック(*) | 墓石の色や種類の選び方 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「寺院墓地」

寺院墓地とは寺院境内にある墓地のことです。
寺院墓地はそのお寺の宗教活動の一部になるわけですから、お墓を所有することは檀家(だんか)になることを指し、宗旨・宗派は寺院の教えに従っていくことになります。

■寺院墓地の特徴
寺院の檀家になることでお寺との関係が密になり代々手厚くお祀りすることができる
比較的交通の便の良い場所にある
宗旨・宗派についてはもちろん寺院とのお付き合いの方法や住職の人柄等じっくり考慮する必要がある
区画の選択肢は少なく設計の自由度も低い

寺院墓地の永代使用料は、概ね地価に比例していますが、寺院の格や住職の考え方などによっても違い、1区画数十万円から数百万円と幅があります。
由緒ある古刹、名刹の墓所の場合は1区画で数千万円というケースも珍しくありません。

公営、民営、寺院墓地はどれも一長一短。
どのタイプがいいか迷っている場合には、とにかく見学に行って話を聞いてみること。
墓地を購入した後に万が一気に入らないということが起こっても、簡単に別の場所へ移動することはできません。
墓地を購入するということは所有権が自分のものになるわけではなくて、土地を使用する権利を得ているだけですから、他人に譲ったり売るということもできません。
トラブルの多くは、「今すぐ契約」「今ならお得」など石材店の巧みな話術で、実際の内容を把握しないまま契約してしまう場合がほとんど。
10年、20年・・・永きにわたって心地よくお参りできる墓地かどうか、じっくり見極めることが大切です。
トラックバック(*) | 寺院墓地 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「民営墓地」

民営墓地とは、永続性が保証されている公益法人や宗教法人などに経営が許可されている墓地のことです。
母体の経営が宗教法人であっても、○○霊園として宗旨・宗派不問の墓地として販売しているものを一般的に民営墓地と呼んでいます。
業者によって公園墓地、公苑墓地などの表記を使用する場合もあります。

■民営墓地の特徴
購入者の資格制限がない
宗旨・宗派不問の場合が多い
1区画に2基以上のお墓を建てられる
隣同士の区画が入手しやすい
駐車場や法要の場所など施設が充実しているところが多い
生前に購入することができる
石材店は指定業者制になっている
霊園指定のお寺でないと法要等できない場合がある

民営墓地は、石材店や霊園開発業者が運営に関わっていることもあり、多くの場合永代使用料は近隣相場を考慮した金額で設定されています。
都市部なら1区画100万円を超える区画も珍しくありませんが、概ね30万円~60万円が最多価格帯となっています。
トラックバック(*) | 民営墓地 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「公営墓地」

公営墓地とは都道府県や市町村などの自治体が運営している墓地のこと。
永代使用料や管理費が安いうえ、永続性が保証されている点などから人気がありますが、随時募集を行っている公営墓地は少なく、募集期間を定めて抽選で利用者を決めるところが多いようです。

■公営墓地の特徴
自治体が運営しているため経営や管理体制が安定している
石材店を自由に選ぶことができる
宗旨・宗派を問わず購入できる
霊園の規模が大きい
申込者が多く抽選制になっているため入手しにくい
区画を選べない
遺骨が手元にないと申し込めない
管轄内に住所がないと申し込めない

募集の詳細については、各自治体の官報やホームページで告知されます。
公営墓地の永代使用料は、比較的安いと言われていますが例外もあり、1区画数十万円もあれば数千万円まで多様。
1区画が比較的広いことが多く、墓石を建てたときに予想以上に総額が大きくなってしまうケースもあります。
トラックバック(*) | 公営墓地 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓地・霊園の種類」

墓地・霊園は経営主体によって、昔から伝わる村落共同体が経営する村墓地等は除いて、大きく公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3つに分類することができます。
トラックバック(*) | 墓地・霊園の種類 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓地選びのポイント」

よく、住宅と墓地の購入は似ていると言われています。
住宅の場合は物件を探して不動産業者と契約を交わし、毎年管理費を納めますが、お墓の場合も墓地を探して石材店と契約を交わし、毎年管理費を納めます。
墓地は自分を含めて代々受け継がれていますので、家族や親戚との話し合いが必要不可欠で、時にはなかなか先へ進まないこともあります。
その場合は強引に計画を進めず、 何を優先するかじっくり話し合うことが必要です。
墓地を作って納骨することだけが目的ではなく、みなが「お参りしたい」「先祖に手を合わせたい」と気軽にお墓参りができる環境を整えることが大切なのです。
まずは5つのポイントを整理して候補を絞っていきましょう。

1.立地条件
お墓は購入したら終わりではありません。
お参りすることが大切ですから、交通の便を考慮することはとても重要になります。
距離だけでなく、電車やバスを使用した場合、車で行った場合など、様々なケースを想定しておきましょう。
また、静かな場所、賑やかな場所、海が見える場所、自然に囲まれた場所等、周辺環境を考えることも必要です。

2.宗旨・宗派
墓地によっては宗旨・宗派が限定される場合があります。
「過去の宗旨・宗派不問」とあっても、お墓を建てたら特定の宗派に所属しなければいけない場合もあります。
寺院墓地のお墓を求める場合は、檀家になることが条件となります。

3.価格
お墓を購入する際には、霊園・墓地に支払う「永代使用料(土地の使用料)」「管理料(毎年支払)」に加えて、石材店に支払う「墓石費用(工事費等含む)」が必要です。
永代使用料が安くても区画が広ければ墓石をたくさん使用することになるので、当然墓石費用は高くなります。
そのため、費用の概算を出すときは、最終的にいくらかかるか総額を出して検討することが必要です。

4.設備
必ずしも豪華な設備や高価な備品がある必要はありませんが、駐車場、水道施設は最低限必要。
さらに法要施設や休憩所があれば、ゆっくりお墓参りをすることができます。
墓地の地形が傾斜になっている場合は、バリアフリー対応になっているかどうかも重要なポイントです。
売店、レストラン、送迎バスなどの充実設備を誇っている霊園もありますので、必要と思われる設備が整っている霊園を選びましょう。

5.管理・整備状況
水はけや風通しなど、墓地の整備状況についても チェックしましょう。
墓地の施設をしっかり確認するために、天候の良い日だけではなく雨の日の見学もおすすめです。
納骨室(カロート)が地下にある場合は水が溜まりやすいので、 排水状況を確認することができます。
また、お墓参り道具の整理整頓、植え込みや芝の手入れ、スタッフの決め細やかな対応など、管理や運営体制が整っていることも重要です。
トラックバック(*) | 墓地選びのポイント |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お墓の管理料」

墓地の維持・管理に必要な費用で、墓地や霊園の管理者に支払います。
料金は各霊園によって、墓地の広さによって異なります。
年間で数千円から1万円程度が多いようです。
新聞の折込チラシに霊園の案内が入っていることがあります。
その内容をよく見てみると「墓石一式○○万円~」「1区画○○万円~」などと表記されています。
「1区画○○万円~」という場合は、永代使用料だけのことを指すことが多く、墓石工事代や管理料が別途必要になってきますので、トータルの金額がいくらになるのか業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。
トラックバック(*) | お墓の管理料 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓石の価格と工事代」

墓石代・工事代は、石材店に支払います。
石材店によっては分割払いできる場合もあります。

■墓石の価格
石材の費用に相当します。
石の値段は硬度や吸水率、産地、希少価値があるかどうかなど、さまざまな理由で値段が決まってきます。
石を使う量が多ければ料金は割り増しになります。
現在多くの石材は外国産、主に中国からの輸入に頼っています。
産出量が多く現地での加工費も安いため、大量に輸入されるようになりました。
よく最低価格として表示される墓石は、多少硬度や吸水率の面で質が落ちますが、専門家が品質調査をして今後数十年は耐久性があると判断がなされたものですから、不良品というわけではありません。

■工事費・加工費
墓地の整備工事費や石の加工費用にあたります。
墓石の値段に対して30~40%くらいに費用が設定されています。
一般的に曲線が多いデザインになると、それだけ石を削る手間が増えますので加工費が高くなります。
手の込んだデザインや彫刻を施す場合は、事前に費用を確認しておきましょう。 
なお、石材店が複数社入っている霊園では、墓石代についての協議がなされていて、石材そのもので差が出ることはほとんどありません。
しかし、工事費や加工費については決まりがありませんので、石材店によって価格の設定方法が異なります。
同じ種類の石材を使用しているにもかかわらず、工事や加工の違いで数万円の差が生じることもありますし、提案してくるデザインにも石材店の個性が出てきますから、最初から1社に限定せず複数社を候補にあげておくと良いでしょう。
トラックバック:0 | 墓石の価格と工事代 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「永代使用料」

永代使用料とは「お墓を建てる土地を使用する権利」に対して支払う料金のこと。
つまり、お墓の使用権を得るために、寺院や霊園管理事務所など墓地の所有者に支払うお金のことです。
あくまで使用権を得ただけであって、土地を購入したことにはならないので転売することはできません。
また一度支払うと理由の如何を問わず返還されないケースがほとんどです。
永代使用権を取得すれば基本的には無期限で墓地を使用できることになりますが、年間の管理料をきちんと納めていない場合は当然警告を受けます。
お墓を継ぐ人がいなくなった場合も、権利は消滅することになります。
お墓の継承は不動産や預貯金の相続と違って、法律上で厳密に決まっているわけではありませんが、霊園によって「○親等以内の親族」など定められている場合もありますので、これからお墓を購入する場合には、将来誰が継承するかについても考慮しておきましょう。
ちなみに東京都の多磨霊園は6親等という決まりがあります。
永代使用料の金額については、概ね地価と比例していて、都市部ほど1平方メートルあたりの使用料が高く設定されています。
永代使用料の平均額は1区画あたり、東京23区内で約140万円、23区外及び神奈川県で約60万円、千葉県及び埼玉県では約30万円になります。
なお、1区画の広さは都市部ほど狭く、最近では1平方メートル以下が主流。
都心から車で1時間を超えると1.5平方メートルくらいの区画が売れ筋になっているようです。
トラックバック:0 | 永代使用料 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お墓の費用」

新しくお墓を建てるときには、「永代使用料」+「墓石代・工事費」+「管理料」が必要です。
合計してだいたい250万円くらいの予算で検討する人が多いようですね。
トラックバック:0 | お墓の費用 |TOP




| TOPページへ戻る|

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。