天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

とにかく安く葬儀をあげたい、今はやりの樹木葬って、散骨ってどうすればいいの、そんな疑問を解決します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「寺院墓地」

寺院墓地とは寺院境内にある墓地のことです。
寺院墓地はそのお寺の宗教活動の一部になるわけですから、お墓を所有することは檀家(だんか)になることを指し、宗旨・宗派は寺院の教えに従っていくことになります。

■寺院墓地の特徴
寺院の檀家になることでお寺との関係が密になり代々手厚くお祀りすることができる
比較的交通の便の良い場所にある
宗旨・宗派についてはもちろん寺院とのお付き合いの方法や住職の人柄等じっくり考慮する必要がある
区画の選択肢は少なく設計の自由度も低い

寺院墓地の永代使用料は、概ね地価に比例していますが、寺院の格や住職の考え方などによっても違い、1区画数十万円から数百万円と幅があります。
由緒ある古刹、名刹の墓所の場合は1区画で数千万円というケースも珍しくありません。

公営、民営、寺院墓地はどれも一長一短。
どのタイプがいいか迷っている場合には、とにかく見学に行って話を聞いてみること。
墓地を購入した後に万が一気に入らないということが起こっても、簡単に別の場所へ移動することはできません。
墓地を購入するということは所有権が自分のものになるわけではなくて、土地を使用する権利を得ているだけですから、他人に譲ったり売るということもできません。
トラブルの多くは、「今すぐ契約」「今ならお得」など石材店の巧みな話術で、実際の内容を把握しないまま契約してしまう場合がほとんど。
10年、20年・・・永きにわたって心地よくお参りできる墓地かどうか、じっくり見極めることが大切です。
スポンサーサイト
トラックバック(*) | 寺院墓地 |TOP




| TOPページへ戻る|

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。