天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

とにかく安く葬儀をあげたい、今はやりの樹木葬って、散骨ってどうすればいいの、そんな疑問を解決します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「お墓の掃除の方法」

お墓に上から水をかけてタワシでゴシゴシ・・・こんな光景をよく見かけますが、ちょっと待ってください。
石は案外傷つきやすいもの。
建てたばかりのピカピカに研磨されている墓石だったらなおさら。
表面を特殊コーティングされている墓石もありますから、いきなりタワシを使うのは×です。

1.敷地内を清掃します。
まずは敷地内の清掃からスタート。
落ち葉を集め雑草を刈ります。
植木がある場合は剪定します。
砂利が汚れている場合はザルにあげて水洗いします。

2.墓石を水洗いします。
汚れが少ないようだったら、スポンジに水をふくませて洗います。
コケをあえてつけたままの墓石もありますが、取り除いたほうが石は長持ちします。

3.洗剤をつけて洗います。
石材専用の洗剤をつけて洗います。
必ず目立たないところで試してください。
タワシは墓石を傷つけますので使用は避けたほうが無難です。

4.文字彫刻の部分は歯ブラシで磨きます。
細かい部分のお掃除に歯ブラシを利用すると便利です。

5.ステンレスの小物類を洗います。
ステンレスの小物類(花筒・線香皿等)は取り出して中を綺麗に洗います。

6.乾いたタオルで水を拭き取ります。
最後に乾いたタオルで水を拭き取ります。

基本的に墓石に使われる石は吸水率が低く硬度が高くて耐久性にすぐれていますので、大理石などに比べるとかなり丈夫です。
でもどんな頑丈な石だって、一年中風雨や直射日光にさらされているわけですから、遅かれ早かれ汚れが付着し劣化していきます。
お墓参りのたびにきちんとメンテナンスをして、次世代へ受け継いでいきたいものです。
スポンサーサイト
トラックバック(*) | お墓の掃除の方法 |TOP




| TOPページへ戻る|

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。