天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

とにかく安く葬儀をあげたい、今はやりの樹木葬って、散骨ってどうすればいいの、そんな疑問を解決します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「民営墓地」

民営墓地とは、永続性が保証されている公益法人や宗教法人などに経営が許可されている墓地のことです。
母体の経営が宗教法人であっても、○○霊園として宗旨・宗派不問の墓地として販売しているものを一般的に民営墓地と呼んでいます。
業者によって公園墓地、公苑墓地などの表記を使用する場合もあります。

■民営墓地の特徴
購入者の資格制限がない
宗旨・宗派不問の場合が多い
1区画に2基以上のお墓を建てられる
隣同士の区画が入手しやすい
駐車場や法要の場所など施設が充実しているところが多い
生前に購入することができる
石材店は指定業者制になっている
霊園指定のお寺でないと法要等できない場合がある

民営墓地は、石材店や霊園開発業者が運営に関わっていることもあり、多くの場合永代使用料は近隣相場を考慮した金額で設定されています。
都市部なら1区画100万円を超える区画も珍しくありませんが、概ね30万円~60万円が最多価格帯となっています。
スポンサーサイト
トラックバック(*) | 民営墓地 |TOP




| TOPページへ戻る|

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。