天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

とにかく安く葬儀をあげたい、今はやりの樹木葬って、散骨ってどうすればいいの、そんな疑問を解決します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「永代使用料」

永代使用料とは「お墓を建てる土地を使用する権利」に対して支払う料金のこと。
つまり、お墓の使用権を得るために、寺院や霊園管理事務所など墓地の所有者に支払うお金のことです。
あくまで使用権を得ただけであって、土地を購入したことにはならないので転売することはできません。
また一度支払うと理由の如何を問わず返還されないケースがほとんどです。
永代使用権を取得すれば基本的には無期限で墓地を使用できることになりますが、年間の管理料をきちんと納めていない場合は当然警告を受けます。
お墓を継ぐ人がいなくなった場合も、権利は消滅することになります。
お墓の継承は不動産や預貯金の相続と違って、法律上で厳密に決まっているわけではありませんが、霊園によって「○親等以内の親族」など定められている場合もありますので、これからお墓を購入する場合には、将来誰が継承するかについても考慮しておきましょう。
ちなみに東京都の多磨霊園は6親等という決まりがあります。
永代使用料の金額については、概ね地価と比例していて、都市部ほど1平方メートルあたりの使用料が高く設定されています。
永代使用料の平均額は1区画あたり、東京23区内で約140万円、23区外及び神奈川県で約60万円、千葉県及び埼玉県では約30万円になります。
なお、1区画の広さは都市部ほど狭く、最近では1平方メートル以下が主流。
都心から車で1時間を超えると1.5平方メートルくらいの区画が売れ筋になっているようです。
スポンサーサイト
トラックバック:0 | 永代使用料 |TOP



トラックバックURLは http://affirweb.blog.fc2.com/tb.php/4-6eb7b7e5

トラックバック


| TOPページへ戻る|

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。