天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

とにかく安く葬儀をあげたい、今はやりの樹木葬って、散骨ってどうすればいいの、そんな疑問を解決します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の「墓石の価格と工事代」

墓石代・工事代は、石材店に支払います。
石材店によっては分割払いできる場合もあります。

■墓石の価格
石材の費用に相当します。
石の値段は硬度や吸水率、産地、希少価値があるかどうかなど、さまざまな理由で値段が決まってきます。
石を使う量が多ければ料金は割り増しになります。
現在多くの石材は外国産、主に中国からの輸入に頼っています。
産出量が多く現地での加工費も安いため、大量に輸入されるようになりました。
よく最低価格として表示される墓石は、多少硬度や吸水率の面で質が落ちますが、専門家が品質調査をして今後数十年は耐久性があると判断がなされたものですから、不良品というわけではありません。

■工事費・加工費
墓地の整備工事費や石の加工費用にあたります。
墓石の値段に対して30~40%くらいに費用が設定されています。
一般的に曲線が多いデザインになると、それだけ石を削る手間が増えますので加工費が高くなります。
手の込んだデザインや彫刻を施す場合は、事前に費用を確認しておきましょう。 
なお、石材店が複数社入っている霊園では、墓石代についての協議がなされていて、石材そのもので差が出ることはほとんどありません。
しかし、工事費や加工費については決まりがありませんので、石材店によって価格の設定方法が異なります。
同じ種類の石材を使用しているにもかかわらず、工事や加工の違いで数万円の差が生じることもありますし、提案してくるデザインにも石材店の個性が出てきますから、最初から1社に限定せず複数社を候補にあげておくと良いでしょう。
スポンサーサイト
トラックバック:0 | 墓石の価格と工事代 |TOP



トラックバックURLは http://affirweb.blog.fc2.com/tb.php/5-b5cc5933

トラックバック


| TOPページへ戻る|

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。